東海熊工会規約

第1章 名称

   第1条   本会は東海熊工会と称する。

第2章 目的

   第2条 (1).本会は会員相互の親交を厚くし教養を高め母校の発展に寄与し、
          進んで社会公共の為に尽くす事をもって目的とする。    
        (2).本会は非宗教、非営利、非政党団体である。

第3章 所在地
        (1).. 本会の所在地は会計宅とする。

第4章 会員

   第3条 本会の会員は次のように定める
       (1).    熊本県立熊本工業高等学校卒業生
       (2).    東海熊工会総会で承認を得た者

第5章 役員

   第4条  本会に次の役員を置く。
        (1)会 長 1名 (2)副会長 1名 (3)会計 1名 (4)事務局長 1名
       (5)
幹事若干名  (6)会計監査2名 (7)広報担当 1名

   第5条 役員の役目
     (1) 会長は本会を代表して全ての会務を統括総理する。
     (2) 副会長は会長を補佐し、会長に事故ある場合はその会務を代理する
     (3) 会計は会長の指揮のもと会計事務を行う。
     (4) 事務局は全ての事務を行う。議事録の作成、案内状の作成等
     (5) 幹事は総会、懇親会の企画を行う。
     (6) 会計監査は会計事務を監査し、総会においてその結果を報告する。
     (7) 広報担当は東海熊工会HPの作成、管理を行う。
     (8) 役員の任期は2年とする。但し、再任を妨げない。

第6章 顧問及び相談役

    1.本会に諮問機関として顧問及び相談役を置く。
    2.顧問は会長経験者が就任する。任期は3年とする。
    3.相談役は会長を経験し顧問の任期3年を経た人、現職議員、議員OB、 
       又は当会に著しく貢献した人とする。

第7章 会費

    1.会費は2000円/年・人とする。
    2.会費の使途は会員への連絡・通信費、総会、役員会運営費用
     (会場借用費、交通費等)、HP管理費用とする。

第8章 役員会

    役員会は第4条1の役員をもって構成する。
    1.役員会は会議の目的たる事項ならびに開会の時期及び場所を記載した
      文書をもって会長が招集する。
    2.役員会は三役が出席すれば成立する。
    3.役員会の議決は出席者の過半数で決する。

第9章 総会

    1.年次総会は毎年7月の第2日曜日に開催することとし、会長は役員会の
      議決を経て招集し、総会において次の事項を議決する。
      (1) 規約の制定、改廃
      (2) 本会の会費の収支に関する予算計画、決算報告に関する事項
      (3) 役員の選任に関する事項
      (4) その他本会運営に関して特に決議を要する事項
    2.総会の議決は出席者の過半数で決する。

第10章 事業年度

     本会の事業年度は毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

第11章 郵便局の預入申込書に設定する代表者(郵便局窓口で入出金する会員)
     本会の郵便局窓口での入出金担当は会計とする。

第12条 規約改正

     1.本会規約改正は総会出席者の3分の2以上の同意による。
     2.その他本規約の実施に必要な事項は会長が決める。

付則

  1.規約制定 2000年7月20日
  2.規約一部改正 2003年7月13日 2004年7月11日 2007年7月08日        2007年10月26日(会名称変更:熊工会東海支部→東海熊工会) 

  3.三役は次の会員

    会 長 :   馬場大文  (昭和56年工業化学)
    副会長 :   双原哲也  (昭和63年金属工業)
    副会長 :   前村 穀  (平成06年繊維工業)
    会 計 :   河野正史  (昭和58年金属工業)

   この規約の内容は、東海熊工会の規約の原本と相違ないことを証明します。

         東海熊工会 会長  馬場大文


      改定前規約2007年


inserted by FC2 system